武蔵野ステークス2019の予想。ドリームキラリの逃げ切りあるで!!

武蔵野ステークス2019の予想。ドリームキラリの逃げ切りあるで!!

2019年11月9日に東京競馬場で行われる「武蔵野ステークス(G3)の予想記事です。

このレース、私は展開がガッツリ向きそうな「ドリームキラリ」の逃げ切りに期待しています!!

記事内では、武蔵野ステークスの過去10年データから傾向もまとめているので、ぜひ予想に役立ててください。

武蔵野ステークス2019の出走予定馬と枠順

枠番 馬名 性齢 騎手 斤量 
1 グルーヴィット 牡3 スミヨン 56
2 ダンツゴウユウ 牡5 北村宏 56
3 デュープロセス 牡3 ルメール 55
4 アードラー 牡5 松若 56
5 エアアルマス 牡4 川田 56
6 フェニックスマーク 牡5 吉田豊 56
7 ワンダーリーデル 牡6 横山典 56
8 ドリームキラリ 牡7 坂井 56
9 タイムフライヤー 牡4 藤岡佑 56
10 マジカルスペル 牡5 内田博 56
11 サンライズノヴァ 牡5 森泰斗 59
12 ミキノトランペット 牡5 田中勝 56
13 スウィングビート 牡4 田辺 56
14 アディラート 牡5 石橋脩 56
15 ダノンフェイス 牡6 大野 56
16 カフジテイク 牡7 福永 56

武蔵野ステークス2019の出走予定馬と枠順は上記の通りです。

1番人気想定のエアアルマスは3枠5番と内寄りの枠に入りましたが、正直ここは外寄りの枠が欲しかったところだと思います。

 

東京ダート1600mはそもそも外枠有利なコースですし・・・

◇エアアルマス「ここまで砂をかぶるのを嫌がるとは思わなかった。あまりにも競馬にならなかったが、能力が相当高いのは間違いない」(川田将騎手)

【前走後の談話】土曜京都11R・太秦S – サンスポZBAT!競馬

前走後のコメントで川田騎手も言っているように、砂を被るのをかなり嫌がる馬ですからね。

 

内寄りで、逃げるドリームキラリが外にいるこの枠は、エアアルマスにとっては最悪の枠と言えるかもしれませんw

・・・そのあたりも踏まえつつ、武蔵野ステークス2019を予想していきたいと思います。

武蔵野ステークス2019の予想

冒頭でも書いた通り、私の本命は「8.ドリームキラリ」です。

ドリームキラリは4月のオアシスS(東京ダ1600m)で59kgを背負ってアルクトスの2着。

さらに、5月の欅S(東京ダ1400m)でも59kgを背負ってアルクトスとハナ差の2着と好走しているように、東京コースが得意な馬です。

ご存じの通り(?)、アルクトスはその後プロキオンS(G3)で1着 → 南部杯(G1)で2着です。

 

前走のエルムS(札幌ダ1700m)は11着と派手に負けましたが、このレースは逃げ馬が大集結して、前に行った馬が総崩れになった特殊なレースだったので度外視でOKですw

昨年のエルムSは2着と好走したように、ドリームキラリは単騎で逃げれればかなりヤレる馬です。

今回は得意のコースに加えてメンバー的に単騎で楽に逃げれる可能性が高いので、勝ち切る可能性も十分あると見て本命にしました。

 

あとは、今回明らかに狙い目なドリームキラリがどの程度人気してしまうか・・・というところが問題ですね。

さて、ここからは武蔵野ステークスの過去10年データを見つつ、傾向をチェックしておきましょう。

武蔵野ステークスは逃げ馬が穴をあけるレース!?

過去10年の脚質別データ
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
逃げ 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0% 470 101
先行 1- 5- 5- 24/ 35 2.9% 17.1% 31.4% 39 185
中団 4- 4- 2- 57/ 67 6.0% 11.9% 14.9% 51 50
後方 3- 1- 3- 39/ 46 6.5% 8.7% 15.2% 35 53
マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

過去10年データを脚質別に見ると、どの脚質からも割とまんべんなく勝ち馬が出ている印象ですが、2勝を挙げている逃げた馬の回収率がイカつい数字になっています。

これは2016年のタガノトネール(8人気1着)と、2009年のワンダーアキュート(5人気1着)が逃げ切った事によるものです。

これを見て「逃げ馬有利!ドリームキラリ!」となるのは早計ですが、データ的にはドリームキラリの逃げ切りは全然あると言えますw

外枠有利のコースだが・・・

過去10年の枠順別データ
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1枠 0- 2- 1-16/19 0.0% 10.5% 15.8% 0 77
2枠 3- 2- 2-12/19 15.8% 26.3% 36.8% 109 151
3枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0% 69 68
4枠 0- 1- 3-16/20 0.0% 5.0% 20.0% 0 182
5枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0% 0 35
6枠 3- 1- 1-15/20 15.0% 20.0% 25.0% 251 70
7枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0% 69 54
8枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0% 66 40

武蔵野ステークスが行われる東京ダート1600mは、明らかに外枠有利と言えるコースです。

これにはちゃんと理由があって、このコースはスタート直後の芝部分が外寄りの方が長いので、外枠の馬はスタートダッシュがつきやすい → 外枠有利となっている訳です。

 

武蔵野ステークスに関しては2枠&3枠で5勝しているように、枠順による有利不利は(データ上からは)見てとれません。

・・・しかし、勝率・連対率・複勝率すべてトップの2枠の回収率がそこまで高くないので、内枠で好走しているのは人気サイドの馬が多いという事でしょう。

基本的には外枠有利ですが、実力のある馬なら内枠からも全然好走できると考えておけばOKですね。

武蔵野ステークス2019の買い目

◎8.ドリームキラリ
〇13.スウィングビート
▲3.デュープロセス

・・・という訳で本命はドリームキラリですが、対抗に東京得意&枠も良いスウィングビート、3番手に前走叩いて上積みが見込めそうな3歳馬デュープロセスを選びました。

 

馬連 8 – 3,13
ワイド 8 – 3,13

買い目はこんな感じで。

配当がそこそこつくようなら、ドリームキラリの単勝も買うかもしれません。

おまけ:デイリー杯2歳Sの本命はレッドベルジュールで!!

2歳戦は苦手なのであまり買わないのですが、京都メインのデイリー杯2歳S(G2)「1.レッドベルジュール」を買いたいです。

理由は「デットーリ騎手が乗る予定だったんだから、勝てる仕上がりにあるんでしょ?」という単純かつスケベなものですw

 

デットーリが乗らないおかげで3番人気以下になるでしょうし、京都外回りで武豊騎手なら全然アリかなと。

休み明けですし馬体重やパドックを見てからですが、ここはちょっと狙ってみたいですね。